歯科口腔外科|南丹市の歯医者「嶋村歯科診療所」

  • 0771-42-5897

    診療時間
    9:00〜12:00 / 14:00〜18:00
    ※月曜・木曜午後は14:00~19:00
    ※火曜・金曜午後は訪問診療
    休診日
    土曜午後・日曜・祝日

歯科口腔外科

口腔外科について

あまり耳にしない言葉かもしれませんが、お口の中全般に起こる様々な病気の診断、治療を行う科です。
たとえばあごの骨の中に埋まっている親知らずの抜歯、お口や舌にできた出来物の切除、難治性の口内炎、顎関節症や神経痛、口腔乾燥症(ドライマウス)など、多くの病気に対処し、症例によっては大学病院などの専門医療機関へ紹介いたします。
しかし、嶋村歯科診療所では口腔外科専門医と院長が協力して、あなたの口腔内の異変に対応しています。

親知らずの抜歯

親知らずは上下のあごの最も奥にあり、全部で4本あります。親知らずは痛みやトラブルの元になるので全て抜歯した方がいい、というイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、まっすぐ生えていて他の歯に支障がなければ無理に抜歯をする必要はありません。
親知らずは最も奥にあってブラッシングがしにくいことから、むし歯になりやすい傾向があります。また、表面に出ておらず歯肉の中で横向きに生えていたりすると、歯並びに悪影響を与えたり、隣の歯に干渉して激しい痛みを及ぼす場合もあります。
当院では状況を診て抜歯をお勧めすることもあります。

親知らずによるトラブル

むし歯

親知らずはケアをしにくいことからむし歯になりやすく、そのむし歯が周囲に移ってしまうこともあります。親知らずに隣り合う第2臼歯が最も注意が必要です。第2臼歯も奥にあることからブラッシングがしにくい歯ですが、意識的にブラッシングを丁寧に行ってむし歯のリスクを下げましょう。

智歯周囲炎

親知らずは医学的には智歯(ちし)といい、その周辺が炎症を起こすことを智歯周囲炎と言います。智歯周囲炎が悪化すると激しい痛みに悩まされることもあり、点滴を必要とする場合もあります。炎症を起こさないために、日常のケアを行い、定期検診を受けましょう。

歯並び

親知らずは生え方によって隣の歯を押すことで、歯並びに悪い影響を与えることもあります。場合によっては矯正治療を必要とする可能性もあるので、注意しましょう。
また、矯正医療を終えた後に、歯並びに悪影響を与えないように抜歯を推奨されることもあります。

抜歯した後の注意事項

出血がある場合はガーゼを噛む

抜歯後は止血のために20分以上ガーゼを噛んでいただきます。出血が続く場合は、ガーゼを交換して30分から1時間程度噛んでいただくこともあります。
その後も少量の出血は続き、完全に止まるのが翌日になるということは珍しくありませんが、ガーゼで吸いきれないほど出血量が多い場合はご連絡ください。

冷やさない

抜歯後2~3日間程度は顔の腫れが目立つことが予想されます。腫れを冷やして抑えたいと思う方も多いでしょうが、冷やすと体内で炎症を抑える働きを妨げるので、自然に腫れが引くのを待ちましょう。外観が気になるでしょうが、数日のことなのでマスクで目立たなくするなどの対処をしてください。

食事について

抜歯の後、3~4時間は食事をすることはできません。その後も流動食や柔らかいものを摂るようにしてください。おかゆ・スープ・豆腐・ゼリーなど柔らかくて消化吸収が良いものを摂るようにして、少しずつ通常の食生活に戻していくことになります。

歯磨きについて

抜歯をした日は歯磨きをすることは禁止しています。軽めのうがい程度にしないと出血の可能性があるからです。翌日になれば患部以外のブラッシングは可能ですが、抜歯した部分に歯ブラシが当たると痛みや出血が出ますので、1週間程度は注意をしながらゆっくり磨きましょう。

お口や舌にできた出来物の切除

舌や頬の内側など口の中にできものがある場合、良性であることと、悪性の場合の両方の可能性がありますから、当院にて検査を受けることをお勧めします。悪性でも小さいうちに処置をするほど治癒できる可能性が高くなりますから、できるだけ早い段階で相談しましょう。
単なる口内炎である可能性もありますが、専門性が無い人が判断するのは不可能です。早期発見・早期治療を意識して重篤化することを防ぎましょう。

難治性の口内炎

一般的に口内炎は1~2週間で治癒することが多いですが、なかなか治りにくいケースもあります。原因がわからない難治性の場合でも、悪性と決まっているわけではありませんが、前がん病変(がんの前段階)やがんであることもありえます。
当院にお越しいただければ、血液検査や顕微鏡で確認するなどして検査することができます。
また、一般的な口内炎は当院のレーザー治療により、痛みなく治すことができます。

顎関節症

口が開きにくくなったり、顎の開け閉めでガクガク引っかかったり、硬いものを食べると顎がだるくなったり・・・、顎関節症の症状はさまざまです。また症状が悪化すると偏頭痛や肩こり、腰の痛み、耳鳴り、頭がフラフラしたり、真っ直ぐに歩けなかったり、と日常生活に支障を来たします。

内科や耳鼻科・整形外科を受診する方もいらっしゃいますが、実は歯科の顎関節症、ということも多いのです。治療方法はバイトプレートと呼ばれるマウスピースを装着し、適切なかみ合わせ調整を行い、かぶせや入れ歯の調整・再製を行うことで解決することが多いようです。当院でも取り扱いがございます。
中には2年以上に及ぶ難治性のものもありますが、歯科医院にお問い合わせください。

三叉神経痛

三叉神経痛は、顔の片側だけに激しい痛みが走る症状が見られます。痛みは数秒間、または数分間で収まり、痛みの他に症状は見られません。洗顔や歯磨き・食事・髭剃りといった日常的に行う動作をきっかけにして起こるケースが多いと思われています。

三叉神経痛には、真性三叉神経痛と症候性三叉神経痛の2種類が存在しています。
真性三叉神経痛の原因は、脳の血管によって三叉神経根が継続して圧力を受けることだと考えられています。

症候性三叉神経痛の原因は三叉神経自体にはないので、原因を取り去ることが可能であれば治癒することができます。原因になるのはあごの関節の不具合、歯やあごの骨の疾患・中耳や副鼻腔の疾患・神経の損傷や疾患などがあげられます。
また、血液の循環障害・代謝の障害・何らかの感染・リウマチなども考えられています。

症候性三叉神経痛に対しては原因となる疾患の治療を行います。真性三叉神経痛であれば、抗てんかん薬の使用・神経捻除手術・神経血管減圧術などの治療方法があります。

口腔乾燥症(ドライマウス)

ドライマウスは唾液が分泌される量が低下して口の中が乾燥する状態で、口腔乾燥症とも言われます。
口の中の粘膜が乾燥すると不快なだけでなく、むし歯や歯周病のリスクが上がりますし、口臭も増えることが知られています。さまざまな形で生活に影響しますのでぜひ当院にご相談ください。

ドライマウスの症状
  • のどが渇きやすい
  • 味がわからなくなった、以前と違う味に感じる
  • 舌が乾きやすく、傷ができやすくなった
  • 入れ歯が合わずしばしば調整している
  • 食べ物を飲み込むのがつらい
  • パンなどのパサパサしたものが食べづらい
  • 口臭がきつくなったような気がする
  • 舌がもつれる
ドライマウスになる原因

唾液の生産工場「唾液腺」の活動低下

噛む回数が減ったことによって唾液腺に刺激が行かなくなったこと、加齢によって唾液腺が委縮していること、仕事や人間関係の緊張から交感神経が優位になって唾液が出にくくなること、服用している薬の影響、唾液腺の疾患などがあげられます。

口呼吸の習慣化

アレルギーなどで鼻が詰まっている時など、口呼吸をしていると空気の出入りによって口の中が乾燥しやすくなります。口を空けていると唾液が口腔内に充満しにくいこともあります。
また、口呼吸することでアレルギー体質になるケースもあります。

ドライマウスの治療、対策

ドライマウスの要因は、ストレスの影響や薬の副作用による場合、唾液腺の変化による場合、代謝または全身性による場合など、さまざまなケースに分けることができます。
多くの歯科医院がドライマウスの治療に取り組んでいますが、当院でも口腔内の乾燥を緩和するためのケアを行っています。
ドライマウスは口やのどが渇くなどの不快な症状だけでなく、味覚が感じにくくなること、口臭がきつくなることなど、日常生活にさまざまな弊害が現れます。
おかしいと感じた時には、放置することなく早めに当院にご相談ください。

口臭外来について

当院では、口臭検査を行い、顕微鏡で口の中の悪玉菌の性質を調べて特定する『口臭外来』をはじめました。
特定した悪玉菌の除菌をし、継続的に悪玉菌の繁殖を抑制する治療を行います。

一連の検査は自費診療扱いになり、検査料は3,000円です。
治療については、保険診療でできるものを最大限に利用し、どうしても保険診療ではできないものを自費診療で対応します。

レーザー治療について

レーザー治療といってもなかなかなじみのない言葉ですが、レーザーは殺菌・消毒効果、麻酔効果、知覚過敏抑制効果、軟組織の治癒促進効果などがあります。歯科治療での応用で、難治性の痛みや炎症を和らげ、歯周病原因菌の殺菌消毒により、急性炎症の緩和を可能にします。定期的にレーザー照射を行うことによりその効果が確かなものになります。照射中は痛みもなく、わずか1分程度のレーザー照射ですので安心です。